精がつく食べ物で精力増強

精力増強のために精力剤を使用しているという方も多いと思いますが、日々のストレスや偏った食生活などの影響で精力減退が起こっている場合も少なくありません。
こうした方には、精力剤を飲むよりも日々の食事で精がつく食べ物をしっかり食べて精力増強するのが効果的です。

古来より日本では、精がつく食べ物といえばうなぎを連想する方も多いと思いますが、うなぎには、亜鉛やビタミンA、ビタミンEなどの生殖機能の維持に関わる栄養素が豊富に含まれています。
亜鉛には、男性の精子の生成を促進する効果があり、不足すると精力減退につながるのでしっかり摂るべきミネラルです。
ビタミンEには血流を悪化させる活性酸素を取り除いて血流をよくするとともに、ホルモンバランスを整えて精子数の増加に貢献してくれます。
また、ビタミンAは皮膚や粘膜の健康維持に不可欠な栄養素で、ビタミンEの働きを助けてその作用を高める働きがあるので、これらの相乗効果で精力増強効果が期待できます。

とはいえ、高級食材であるうなぎは一般家庭で頻繁に食べるのは難しいものです。
亜鉛は牡蠣や海藻類、ビタミンAは緑黄色野菜、ビタミンEは卵(魚卵)やかぼちゃというように、各栄養素は他の食材にも多く含まれているので、普段はこうした食品で代用しましょう。

一方、にんにくも精がつく食べ物として代表的ですが、にんにくには糖の代謝をスムーズにして疲労回復に高い効果を発揮するビタミンB1やビタミンB1の吸収をサポートするアリイン(アリシン)が多く含まれてます。
また、納豆や山芋、オクラなどのネバネバのある食品にはムチンという成分が豊富ですが、ムチンにはタンパク質の分解をスムーズにして疲労回復を促進する作用や肝機能や腎機能を高める作用があるので、これらの食品を積極的に食べて精力増強するのがお勧めです。